最新のダクト情報まとめ

このサイトでは家庭のダクト清掃に使用することができる道具ややり方について紹介します。
また、なぜ清掃が必要なのかということや清掃する際にかかる費用についても紹介していきます。
ダクトをきれいな状態に保つことで家の中の空調を効率良く使用することが可能です。
ダクトは普段直接目にすることはないので掃除をするという概念はないかもしれません。
しかし汚れが溜まってしまうと機能しなくなってしまう恐れがあるので、かかる費用を把握して適切な方法で行うことが大切です。

家庭のダクト清掃に使える道具

家庭のダクト清掃に使える道具 家庭のダクト清掃をする際に使える道具はいくつかあります。
ダクトの内部はほこりやごみ、油汚れが多くなっており作業をする際は汚れてしまうことが多いです。
まずはマスクや手袋を装着し、汚れても良い服装で行うと良いです。
先端がブラシや布でできていて、奥まで届く長めのものを使うと掃除がしやすくなります。
また、電動ドリルと集塵機があると便利です。
電動ドリルはクラッチ付きで挿入器具を回転させるために用い、集塵機で掻き出したほこりやごみを集めます。
自宅にある掃除機を使用して吸い込みながら清掃道具を挿入するようにします。
エアコンプレッサーを使用すると金属製のダクトや断熱ダクトを傷つけることなくダクト清掃ができるので良いです。

家庭でダクト清掃を行うときの必須アイテム

家庭でダクト清掃を行うときの必須アイテム 排気ダクトには空調や換気などの目的がありますが、長年使用しているとほこりや油などで換気力が低下するだけではなく、場合によっては火災の原因になることもあります。
更に汚れたダクトを通って室内に入ってきた空気はアレルゲンになり、アトピーなどのシックハウス症候群の原因にもなりかねませんので、定期的なダクト清掃が必要です。
しかし、換気扇の清掃は家庭用のスポンジなどで可能ですが、ダクト清掃を一般家庭で行うためには専用のアイテムとしてダクトクリーナーなどが必要です。
ダクトクリーナーは先端が少し硬めのスポンジパッドになっており、電動ドリルドライバーに接続することで回転しながら汚れやほこりをかき出すことができ、長さも5メートル近くあるので家庭用のダクトであれば問題無く使用できます。
先端のスポンジパッドは取り外し可能で洗って繰り返し使用することが可能で、洗浄剤や防カビ剤などを塗布してダクト内に塗りつけることで、ダクトの耐久性をアップさせることにも繋がります。
短めのダクトの場合は、パイプ用清掃ブラシを使用することで清掃することもできます。
ダクトクリーナーは専門店での取り扱いになりますが、パイプ用清掃ブラシならホームセンターでも入手できるのでおすすめです。

ダクトの情報サイト

ダクト清掃